キレイは減っていく

女性がきれいでいられる時間は、実はとても短いのです。そう、今この時間も、あなたのきれいはどんどん減っているんですよ。若さの美しさは移ろっていくもの。きれいでいることに価値を置き、それを追い求めつづけていては、いつまでたっても本当の自信はつきません。そのことを、女性たちは皆、本当は心のどこかで気が付いているんじゃないでしょうか。
だから、いくら高い化粧品を買っても、エステに行っても、そして美容整形してさえ、心の奥にある不安は消えないのです。
女はね、きれいじゃなくなったってからの人生のほうがずっと短いのよ。と講演で聞いたことがあります。みんワーッと笑っていましたが、でもそれって真理だと思います。

何もしなくてもキレイでいられるのは、せいぜい30才まで。そこから先は、朝起きてうわー、ダメだ今日、どうしよう。と思った顔を、うん、これならOKと思えるところまで持ってく技術が必要です。でないと、その日一日、がんばる元気が出ませんから。
たとえ30代でも、今日の顔、最低?すごいブスと思ってしまう朝があります。そんな日は一日中、顔がストレスだらけになってしまいます。けっこう多いんですよ、そんなブスの日に美容整形に行ってしまい、あとで後悔する方が。
私は必ずしも美容整形を否定するつもりはないですが、していい人といけない人がいると思います。これも後で話しますが、ブスの日に衝動的に整形すると、必ず後悔するんです。http://www.atopy-navi.org/

魔法のクリーム

塗った途端テープで引っ張って留めたかのように、肌がリフトアップする魔法のクリームがある。アイビア化粧品ポアンジュ・フェイスリフトクリーム。針灸師の松本みち子さんの監修で、トルマリンetcの鉱物が肌をアップさせるとのこと。最初はしょうじき言ってうさんくさいと感じていました。でも、使ってみると本当に肌が上がったのです。
経路のツボに沿って塗るだけです。ただそれだけ、いっぷう変わった変な化粧品だけど、使えば使うほど納得のアイテムです。

私も肌がたるんできました。かなり深いシワでも顔の相まで変わりはしないけれど、たるみは顔の輪郭を、人相を大きく変えてしまうものです。逆三角形のほっそりした顔も、頬がゆるんで垂れてくると四角くなってして、同窓会であの人どなた?誰だかわからないナンテコトになります。
誰だかわからない自分になりたくないし、原型だけはなんとしても留めておきたい。ただ、たるみの大きな原因は顔の筋肉の衰えなので、化粧品では急激には解消できないのが悲しい現実です。

そこで、私のおすすめは、毎朝、歌を歌うこと。暗い恨み節ではダメです。朗らかでアップテンポな明るい歌を、または優雅なバラードを、口を大きく開けて、はっきり発音しながら歌いましょう。これは最高の顔筋トレーニングです。たるみを防いでほうれい線も出にくくなります。アイウエオと発音する顔筋トレーニングもいいですが、歌うほうがずっと楽しいから、きっと習慣にできるはずです。